ライン

不整脈

ライン

健康な人の通常の調律を「正常洞調律」といいます。
正常調律では、心臓のペースメーカーとなる洞結節から、 1分間に60〜100回の興奮が起こります。

不整脈
当院で検査、治療が可能な主な不整脈の症状
心室性期外収縮
上室性期外収縮
最も多い不整脈でほとんどの場合、生命の危険はありません。 正常洞調律よりも短い間隔で早期に収縮する心拍で、脈が余分に打ったり、 1拍抜けたように感じます。
心房粗動
心房細動
心房細動は不整脈の一種であり、動悸を始めとする様々な症状が出現します。 症状が無い場合もありますが、脳梗塞や心不全の原因となるなど 危険性も高い不整脈ですので早期発見、早期治療が大切です。 詳しくはこちら⇒
発作性上室性頻拍 突然心拍数が速くなり、1分間に150〜200回以上の速い脈が規則的に続いて、 突然止まります。通常、動悸を感じますが、冷汗、眼前暗黒感、失神、 胸痛を伴うことがあります。また発作中に排尿を繰り返すことがあります。
心室頻拍 突然心拍数が多くなり、30秒以内に自然停止するものと、 それ以上持続するものがあります。 重症な心臓病に伴なって起こる場合には、意識がなくなったり、 致命的な心室細動に移行することがあります。
WPW症候群 心房と心室の正常な伝導路以外に先天的バイパスが存在するもので、 発作性上室性頻拍を伴なうことが多い不整脈です。心房細動を伴なうと、 稀に致死的な心室細動に移行することがあります。
洞不全症候群 洞結節からの心臓を収縮させる興奮が、 遅くなったり規則的に起こらなくなった時の不整脈で、 心臓の収縮が1分間に50回以下になったり(洞徐脈)、 停止したりします(洞停止)。 また心房粗動や心房細動のような頻脈性不整脈を合併することもあります。 (徐脈頻脈症候群)。洞停止により、めまい、意識消失、息切れなどが起こることがあります。
房室ブロック 洞結節から発生した興奮が、心房から心室へと正常に伝わらない状態で、 症状もない軽度のものから、心室停止を生じて意識がなくなる危険なものまであります。
Copyright (C) Shonanhospital All Rights Reserved.